楽天カード【ゴールド・プレミアムカードとの違いと機能比較】

  • 2020年10月17日
  • 2020年10月17日
  • 金融

手軽に利用できるクレジットカードとして人気の楽天カードですが、そんな楽天カードにも【より充実したサービスと高還元率】が売り物の、楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードがあります。

この3種類のカードにはそれぞれ特徴があり、自分に合ったカードを選ぶべきですが、一般の人には具体的な違いはなかなか良く分からないようです。

そこで

  1. 楽天カード
  2. 楽天ゴールドカード
  3. 楽天プレミアムカード

上記3枚のカードの「気になる違いには何があるのか?」を詳しく見ていきましょう。

3種類の楽天カードをスペックで比較

3種類のクレジットカードを比較するには、スペックを見ると違いがよくわかります。
それぞれのカードのスペックをまずは知る必要があります。

年会費無料、豊富なデザインから選べる楽天カード

 

楽天カード

楽天カードのスペックは以下の通りです。

  • 年会費は無料
  • 家族カードは無料
  • ETCカードは年会費が税抜500円
  • 100円につき1ポイント(楽天スーパーポイント)
  • 楽天市場ではポイント最大3倍
  • 海外旅行傷害保険は最高2,000万円
  • 国際ブランドはVISA、マスターカード、JCB、アメリカンエキスプレス
  • デザインは基本9種類(時期によって変更あり)
  • 空港サービスは特になし

年会費、家族カードは無料ですが、ETCカードは年会費が税抜500円となりますが、一定の条件をクリアすると無料になります。

100円につき1ポイント(楽天スーパーポイント)、楽天市場ではポイントが最大3倍とお得です。

海外旅行傷害保険は利用付帯で最高2,000万円と、年会費無料の割には手厚い補償と言えるでしょう。
国際ブランドはVISA、マスターカード、JCB、アメリカンエキスプレスの4種類が用意されています。

デザインは9種類もあるのが楽天カードの魅力で、特に可愛い楽天パンダやディズニーのデザインは女性に人気、野球やサッカーのデザインは男性に人気です。

ただしデザインによっては選べない国際ブランドもありますので、申し込む前にオフィシャルサイトで確認してください。

ゴールドながら格安の年会費、ポイントも充実の楽天ゴールドカード

 

楽天ゴールド

楽天ゴールドカードのスペックは以下の通りです。

  • 年会費は税抜2,000円
  • 家族カードは年会費が税抜500円
  • ETCカードは無料
  • 100円につき1ポイント
  • 楽天市場ではポイント最大5倍
  • 海外旅行傷害保険は最高2,000万円
  • 国際ブランドはVISA、マスターカード、JCB
  • デザインは通常のみ
  • 国内空港ラウンジは年2回無料

年会費は税抜2,000円と、ゴールドカードとは思えない安さです。
家族カードは年会費が税抜500円とはいえ、ETCカードが無料というのは良心的と言えるでしょう。

100円につき1ポイントで楽天カードと変わりませんが、楽天市場ではポイント最大5倍と、楽天カードよりもポイントを貯めやすくなっています。
海外旅行傷害保険が利用付帯で最高2,000万円というのは、楽天カードと同じです。

国際ブランドはVISA、マスターカード、JCBの3種類で、他の2種類のカードと違ってアメリカンエキスプレスは選べません。
またデザインは通常のみの1種類です。

年会費が税抜2,000円ながら、国内の主要空港ラウンジが年2回無料というのも、お得なサービスと言えます。
なお国内空港のみならず、海外でも2空港のラウンジでこのサービスが適用されます。

国内外の旅行に強い楽天プレミアムカード

楽天プレミア

最後に、楽天プレミアムカードのスペックを見てみましょう。

  • 年会費は税抜10,000円
  • 家族カードは年会費が税抜500円
  • ETCカードは無料
  • 100円につき1ポイント
  • 楽天市場ではポイント最大5倍
  • 海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険ともに最高5,000万円
  • 国際ブランドはVISA、マスターカード、JCB、アメリカンエキスプレス
  • デザインは通常のみ
  • 国内空港ラウンジおよび世界143カ国500以上の都市や地域で、1,200カ所以上の空港ラウンジが利用できる、プライオリティパスに無料で加入可能。(上位ランクのプレステージ会員相当)

年会費は楽天ゴールドカードの5倍で、税抜10,000円とさすがに高くなっています。
しかし、他社のゴールドカードと比べても、さほど高くないと言えるでしょう。

家族カードは年会費が税抜500円で、ETCカードが無料というのは、楽天ゴールドカードと同じです。

100円につき1ポイント、楽天市場ではポイント最大5倍、デザインは通常のみというのも楽天ゴールドカードと変わりありません。
国際ブランドはVISA、マスターカード、JCB、アメリカンエキスプレスの4種類で、楽天カードと同じになっています。

ただし、海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険ともに最高5,000万円で、しかも<自動付帯>というのは楽天プレミアムカードならではと言えます。

国内の主要空港ラウンジは回数制限なく無料で利用可能ですので、飛行機をよく利用する人は楽天ゴールドカードよりも楽天プレミアムカードの方がいいでしょう。

しかも世界中の143ヵ国、1,200ヵ所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティパスのプレステージ会員に、無料登録が可能というのは大きな特典です。

楽天カードの比較まとめ

3種類のカードを比べると、特に贅沢をしない人は年会費無料の楽天カードで充分だと思えますし、ETCカードを利用し、たまに国内の飛行機旅行をしたり楽天市場でよく買い物をしたりする人は楽天ゴールドカードが最終的にはお得になるようです。

国内旅行のみならず海外へもよく行く人ならば、国内外の多くの空港ラウンジが無料で、保険も充実した楽天プレミアムカードを持っておくと非常に重宝します。

三者三様、自分の利用状況に合ったカードをお選びください。

車を高く売る方法

楽天Carオークション
車を高く売りたい場合、一番安く買い取られてしまうのがカーディーラーの下取りになります。

下取りは楽ですが、あまりおすすめはできません。どこの業者も持っている、あえて低めに設定された価格一覧表に照らし合わせて、安く下取りされてしまいます

次に車買取会社です。
そして実は、一番高額査定が見込めるのが【カーオークション】なんです。

まずはご自分の車を安心の大手サイトで一括査定をしてみて下さい。しかしそこでは売らず、相場を確認するだけです。もちろんオークションでその相場に届かない場合は、元の最高額を出した業者に売ればいいことです。

しかしそうなるケースはほとんどありません。何故ならば、カーオークションがほぼ確実に高く売れるからです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

相場を掴んだ後は、楽天Carオークションでオークションにかけると、それ以前の査定金額を大きく超える額で取引される場合が多いです。