開運の風水表札とは?

表札は縁起物ですので、もっとこだわりが必要

開運の風水表札は一般に「浮き彫り」という技法をメインにしています。

一般の木製表札の彫り方は木の表面の名前部分を削る、【沈み彫り】を示すことがほとんどですが、【浮き彫り】は逆に名前以外の余白部分を彫り下げることによって、名前部分が表面から浮いて見えるようにするものです。

この時に大切なのは、完全に直角に彫るのではなく、斜めに彫り下げることによって、大地から盛り上がるようなイメージを持たせることです。富士山の形といえば分かりやすいでしょうか?

これにより、表札表面からもの凄いエネルギーで名前を押し上げることが出来るのです。実際に間近で見るとその迫力に圧倒されますね。
浮き彫りが立身出世・家運隆昌の象意を持つと言われるのがこのためです。

使用者の名前が表に出る、他よりも抜きんでる、=世の中に顕現する、トップに立つ。

これが浮き彫りの極意とその意味合いなのです。

有名な風水師の方も、家に付ける表札は木製が一番だといっていますね。さらに彫りかたとしては浮き彫りがベストとなります。

ちなみに現代で主流になっているレーザー彫刻では浮き彫りは直角にしかできません。

■Amazonの商品を巨大プラットホームで無在庫で自動出品できる【最強ツール】

【1日たった数分の仕事?!】寝てる間に楽に稼げる、無在庫でできる自動転売ツール。

無在庫販売ツール

【中国仕入れ】メール講座 輸入代行サービス
中国の仕入代行業者をつかって、激安で商品を仕入。メルカリで売る方法。専業主婦でも稼ぐ人が続出中!

メルカリで稼ぐ