作者名の刻印について

作者名の刻印について

戸建て用表札には作者のサインが入ります

作者の捺印

伝統的な表札には、表札に向かって左側の側面に、製作者のサインと捺印が入ります。これは当店だけではなく、オリジナルの書体で伝統的な形で製作を行っている店舗でしたら、間違いなく行われているものです。

製作者のサインが入るのは、芸術や伝統工芸にはごく当たり前の事となります。表札に限らず、例えば書や絵画、漆器や焼き物等、著名な作家のものであれば確実にサインか刻印が入ります。それとは逆に、大量生産品や安物商品にはサインは入りません。

一品物で価値が高いものだけに入るのが、製作者の刻印ということができます。これが信頼の証であり、作品に対する価値となります。

戸建て用表札以外には刻印はありません

製作者のサインと刻印は、戸建て用表札(一位、木曽檜、ヒバ)のみの適用となります。

他のシリーズ、マンション用表札や和風モダンシリーズ(和風モダン・和風龍馬)には作者名は入りません。

これらは表札としての伝統的な形ではない、現代風アレンジであることに加え、厚みも2cmと薄いために刻印ができるスペースが十分にない、という物理的理由もございます。

何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

車を高く売る方法

楽天Carオークション
車を高く売りたい場合、一番安く買い取られてしまうのがカーディーラーの下取りになります。

下取りは楽ですが、あまりおすすめはできません。どこの業者も持っている、あえて低めに設定された価格一覧表に照らし合わせて、安く下取りされてしまいます

次に車買取会社です。
そして実は、一番高額査定が見込めるのが【カーオークション】なんです。

まずはご自分の車を安心の大手サイトで一括査定をしてみて下さい。しかしそこでは売らず、相場を確認するだけです。もちろんオークションでその相場に届かない場合は、元の最高額を出した業者に売ればいいことです。

しかしそうなるケースはほとんどありません。何故ならば、カーオークションがほぼ確実に高く売れるからです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

相場を掴んだ後は、楽天Carオークションでオークションにかけると、それ以前の査定金額を大きく超える額で取引される場合が多いです。