表札の彫り見本

表札の彫り見本

縁起の良い浮き彫り+特別開運仕上

縁起の良い表札の彫り方とは

表札の仕上げ方法として、風水では立身出世・家運隆昌の象徴である【浮き彫り仕上げ】を使用します。

浮き彫りとは文字を彫り込むのではなく、文字の周りを彫り下げることによって、名前を浮かせる技法です。名前が浮き上がることによって、名前が世に出る=出世する、名誉を授かる、社会や人から認められる、と言われている縁起の良い技法であります。

【特別開運仕上げ】では、浮き彫りに加えて<招福隠彫>の技法をプラスして使用します。

これは表札の四隅に【開運招福】の4文字を隠し彫りすることによって、四方から来る災いをビシッと抑え、福を呼ぶ風水秘伝の彫り方になります。

浮き彫り仕上げ

名前を浮かせて彫る技法は、一家繁栄の象徴です。縁起が良く吉運を呼び込む彫り方になります。文字の周りを全体的に彫ることによって、木目の凹凸が自然の美しさと味わい深さを醸し出します。この独特の木肌の魅力は他の素材では決して表現できない唯一のものとなります。

浮き彫り

特別開運仕上(浮き彫り)

浮き彫り仕上げに加えて、さらに表札の四隅に細工を施します。墨は塗らずに無色で【開運招福】の文字を隠し彫りします。これが特別開運仕上です。四隅に文字が入るだけで、堂々とした安心感が広がり、いかにも吉運を引き寄せる雰囲気が漂います。

隠し彫りですので、うっすらとおぼろげに入るのが特徴です。

特別開運仕上の見本

投資信託の入門講座を【無料で受講】できます。


▼こんな人におすすめ

  • 投資信託で2,000万円以上貯めたい人
  • NISAやiDeCoって何?初心者も一から学びたい
  • 数ある投資信託から優れた数本を選ぶコツを知りたい人
  • ETEやREITなどを上手く活用したい人
  • 安全第一!少額の積立で大きく資産を築きたい人

★お金の学校が教える【投資信託入門講座】