iPhone8購入後、LINE等のアプリがインストールできない場合の対処法

2017年9月に発売されたiPhone8ですが、1年以上経過した今でも売上がNo.1だそうです。

iphoneXの売上が伸びず、増産の停止が発表されました。

逆にiPhone8が一年以上連続で売上1位を更新し続けており、iphone8の増産が発表されました。

iphoneXは高すぎる

iphoneXシリーズは10万越えで高すぎですよね。パソコンみたいです。

またホームボタンがなくなり、利便性でも影響が出ているようです。カメラやその他の性能もあまり変わらないようで、値下げになったiphone8がさらに売上が上がる要因になっています。

しかもスマホですから、毎年の進化も早く、2-3年で交換がベストと言われているなか、何故10万円以上も払う必要があるのでしょうか?

価格差を考えた場合、数万円で変えるアンドロイドの方が私は好きです。そこまでの性能差はないからです。

iphone8ではアプリのダウンロードができない??

今iphone8を買っても、実はそのままではLINEやtwitter等のアプリがダウンロードもインストールもできません。

なぜなのか?

それはさすがに一年以上前の機種ですので、在庫によってはOSのバージョンが古いままだからです。

インストールするアプリは常にWEB上では最新ですので、バージョンが合わないんですよね。

だからインストールしようとしてもできない。

アプリのインストール法

この場合、まず最初にOSのシステム更新を行います。

少し時間がかかりますが、システム更新の後にアプリをダウンロード/インストールすれば、そのまま正常に動作します。

他にもネット上では様々な方法が長々と書いてありますが、そのほとんどは意味ありません。

OSシステムの更新、ただこれだけの話です。

設定→一般→ソフトウェア・アップデート で完了です。

「たった1度の紹介でずっと不労所得」アフィリエイト登録権利

不労所得アフィリエイト

後発アフィリエイターでも稼げるチャンス!それが「不労所得アフィリエイト」
1度紹介してあとは放置でOK!誰にもチャンスがあるアフィリエイト始まってます!
初回登録費用1000円のみで、クローズド案件情報がずっと配信され続けます。

公式ホームページで内容を確認


■資産形成型ブログを作ると、自動収入の道を開けます。そのための本物の稼ぎの仕組みを学べる講座です。
公式ホームページで内容を確認