プライバシーポリシーを英語で簡単に作る方法

現在、英語のホームページを作成中ですが、こういうときにはホームページのテンプレートが大変役に立ちます。
法律に関することなど、日本語でも結構難しいというか、まず無理ですよね。

大概どっかから拾ってきたものを再利用したりすることが多いかと思います。

日本ではあまり問題になることもないのですが、海外、特にアメリカなどは訴訟国家ですので、この辺の防御はしっかり書面ですることが多く、プライバシーポリシーなどは抜け目なく書かなくてはいけないようです。

でも英語を日本語と同じくらいに扱える人ならともかく、日常会話やビジネス英語レベルが出来る人であっても、プライバシーポリシーを英語で完璧に作成するのは大変難しいのが実情です。

そこでどこかにテンプレートはないものかと検索していたら、見つかりました。英語で個人情報の保護について自動で作ってくれるサイトが。

プライバシーポリシーを自動出力で作成する方法

free privacy policy generator

そこでPrivacy Policyをカスタマイズして簡単に作ってくれるサイトFree Privacy Policy Generatorを発見しました!

ここは優れています。質問に答えていくだけで、自分のサイトに合わせたプライバシーポリシーが完成するので、単なるコピペとは違います。

英語のホームページを作成する方には大変重宝されるのではないかと思います。

是非お試しください。

Free Privacy Policy Generatorの使い方

このサイトは結構使えます。

プライバシーポリシーだけではなく、他にもいろいろなページが作れます。

  1. プライバシーポリシー
  2. 規約
  3. クッキーの使用に関するポリシー
  4. 返品・返金規定

使い方ですが、個人情報に関するページを作る場合には、①のFree Privacy Policy Generatorをクリックします。

Free Privacy Policy Generator2

続いて、画面の上記の矢印で指している箇所をクリックします。

Free Privacy Policy Generator3

ホームページを作る場合は、Websiteにチェックを入れて、Next stepをクリックします。

Free Privacy Policy Generator4

後は、サイトのURLやサイト名、仕事利用か個人ページか、国名等をどんどん入力していき、案内に従って進めば自動でプライバシーポリシーのページを英語で作ることができます。

是非利用してみてください。

■Amazonの商品を巨大プラットホームで無在庫で自動出品できる【最強ツール】

【1日たった数分の仕事?!】寝てる間に楽に稼げる、無在庫でできる自動転売ツール。

無在庫販売ツール

【中国仕入れ】メール講座 輸入代行サービス
中国の仕入代行業者をつかって、激安で商品を仕入。メルカリで売る方法。専業主婦でも稼ぐ人が続出中!

メルカリで稼ぐ