借金先が闇金融業者(ヤミ金)だった場合は、法律事務所の弁護士に相談を

借金先が闇金融業者(ヤミ金)だとわかった場合、真っ先に思い浮かぶ対処方法は警察に通報することですが、本当にその方が良いのでしょうか。

警察への通報は無料であり、また違法業者がいれば通報するのが市民の義務とも言えるのですが、ヤミ金程度では警察は動いてくれないというイメージもあります。

それでは闇金融業者から借金してしまったときに、警察に通報するよりも法律事務所や法務事務所に相談した方が良い理由を挙げてみましょう。

闇金には警察は民事不介入

法律事務所は弁護士、法務事務所は弁護士以外の士業が経営していますが、一応ここではまとめて法律事務所と表記しておきます。

闇金問題に強い法律事務所と言っても、問題解決を依頼すれば当然のことながら料金が発生しますが、なぜ無料の警察よりも法律事務所の方が良いのでしょうか。

証拠がなければ警察は動かない

警察には、民事不介入という基本原則があります。

ヤミ金自体が犯罪ですので、警察が動いてくれないとおかしいのですが、実際には証拠がないと取り締まりは難しいようです。

つまり闇金が相手でも誰かから誰かへお金の貸し借りがあったというだけなので、警察は民事に介入できないというわけです。

もちろん取り立てなどで暴行を受けた場合は傷害罪が適用されるので警察に通報すればいいのですが、実際には闇金融業者は法に触れないようにネチネチと嫌がらせをすることでしょう。

そうすると、なかなか証拠を集められず、警察は動くに動けないケースがほとんどです。

警察は忙しく、小さな事件には構っていられない

警察の仕事は多岐にわたり、常に忙しいのが現状です。
市民を守るのが警察の仕事ですが、「個人で解決できることは警察に頼らないでほしい」というのが本音でしょう。

特に闇金業者は店舗実態がなく、固定電話ではなく携帯電話を使うケースが多いので、すぐに電話番号を変えて証拠が挙がらないようにしているのが現状です。

そうすると警察としても、証拠集めに時間ばかりかかって成果が上げられないので、ヤミ金問題には消極的なのです。

警察へ通報したために報復を受ける

警察は依頼があった以上、証拠を挙げられなくても闇金業者に注意や警告をしてくれるでしょう。
しかし、それが却って火に油を注ぐ結果になりかねません。

「せっかく金を貸してやったのに警察へ通報しやがって」と、取り立てや嫌がらせはますますエスカレートするでしょう。
それも法律違反ぎりぎりの巧妙な手口のため、借金した側は精神的にも参ってしまい、普通の社会生活が送れなくなります。

ヤミ金問題に強い法律事務所に相談を

暴行を受けたときなど以外では、まずはインターネット等で闇金問題に強い法律事務所や法務事務所を探してください。
事務所によっては、相談料は無料の所も多くあります。

警察よりも多い、法律事務所のメリット

証拠がないとなかなか動いてくれない警察よりも、闇金問題に関しては法律事務所の方がメリットは多いと言えるでしょう。
法律事務所のメリットには、以下のようなことがあります。

  • 反社会勢力を相手に慣れたプロが対処
  • 法律事務所の介入によって警察が動く
  • 違法行為に対しては法律で立ち向かう

詳しく見ていきましょう。

反社会勢力が相手でも恐れない法律事務所

闇金業者は反社会勢力ですから、お金を貸す際にはニコニコと笑顔で対処しても、取り立てる際には本性を現すため一般人ではとても太刀打ちできません。
そんなとき、頼りになるのが闇金問題に強い法律事務所や法務事務所です。

彼らは反社会勢力との対応に慣れているため、暴力的な振る舞いに対してでも恐れることはありません。
闇金業者に対しても、法律事務所は心強い味方になるのです。

法務事務所が警察を動かす

個人で相談に行った場合ではなかなか動いてくれない警察も、法律事務所の介入により動くようになります。
法律事務所は法的な機関だからです。

警察が本格的に動くと、最も困るのは闇金融業者に他なりません。

法律事務所が介入することにより、ヤミ金業者は逮捕を避けるため、取り立ては行わないようになります。

法律のプロが合法的に闇金問題を解決

法外な利息を取って厳しい取り立て行う闇金業者は、明らかに違法な存在です。
そんな違法に立ち向かうのが、法律のプロである弁護士や司法書士などです。

彼らは合法的に闇金業者の違法を指摘し、違法行為を行うことができないようにします。
さらに法律事務所では、闇金問題に関する相談を受けるだけではなく、問題解決のために最善のアドバイスをしてくれるのです。

闇金問題を解決する法律事務所まとめ

警察は社会全体の安全を守るのが仕事ですが、民事不介入の原則や他の大きな業務に追われているため、現実問題として証拠がない限りなかなか動いてくれません。

それに対し弁護士や司法書士など法律のプロは、依頼人の利益を守るのが仕事ですので、個人的な件でも親身になって対処してくれます。

違法の証拠がある場合や暴行を受けたとき、あるいは器物損壊などがあったケースでは警察に通報すべきですが、そうでないときの闇金問題はまず法律事務所や法務事務所に相談しましょう。

きっとあなたの助けになってくれすはずです。