SEOに最適な文字数は?上位表示と文字数の関係【たくさん書いてもダメ】

  • 2020年4月19日
  • blog

SEO対策において、中身のあるコンテンツは非常に大切です。

と言うと、文字数たっぷりのロングテール記事を書かなければいけないと思いがちですが、実は、Googleの評価は文字数と関係なく、文字数が多いからといって検索順位が上に行くわけではないのです。

SEO対策で効果的なのは、情報をなるべく網羅した優良なコンテンツです。

適切にキーワードを選定し、なるべくユニークなワードを盛り込んで情報を網羅した記事を書くことで、高く評価されて検索順位の上昇が期待できます。

ここでは、コンテンツの文字数やSEO効果が期待できるコンテンツがどのようなものかを詳しくお伝えします。

上位サイトの文字数が多い理由

検索順位が上位のサイトは、比較的文字数の多いコンテンツが多いです。

ただ、冒頭でもお伝えしたように、文字数とSEO効果には直接的な関係はありません。ですので、文字数ばかり多くて中身のないコンテンツでは評価されることはないでしょう。

上位サイトの文字数が多いのは、ユーザーの求める情報をテーマに沿って豊富に盛り込んだ結果であり、最初から文字数を目的として作成されていないことに注意してください。

実際、Googleも文字数と検索順位は関係ないことを公表しています。500文字しかない記事でも2万文字の記事でも、文字数だけでは評価されないのです。

ニーズの高い情報を網羅すること

Googleに評価されるのは、ユーザーが求める情報を網羅的に満たした質の高いコンテンツです。
テーマに沿って、ユーザーの求める情報と関連性の高いワードを目次に盛り込み、それをもとにコンテンツを作成しましょう。すると、情報量の豊富なコンテンツになるため、検索順位の上昇が期待できます。

このことを考えると、結果的に評価されるコンテンツは文字数が多くなる傾向にあることがわかるでしょう。
また、評価された記事は、その記事に盛り込んださまざまなワードも検索エンジンに認識されるため、メインのキーワード以外でもSEO効果が見込めます。

ユーザーのニーズを満たすコンテンツを作成するには

検索順位の上昇が期待できるコンテンツとかは何かということがわかったところで、では、どのようにそのようなコンテンツを作成すればよいのでしょうか?

それは、やはりユーザーのニーズに応えられるような専門知識が散りばめられたコンテンツを作ることでしょう。

専門知識を散りばめて記事を作成するには勉強が必要です。勉強といっても雑学の知識を増やすといったものではなく、SEO対策のための勉強です。

今ではSEOに関連した書籍やウェブサイトがたくさんあります。
一般的に知識が豊富な人であっても、SEOの知識がないと検索結果が上位に表示されるコンテンツは作りもにくいものですから、書籍やサイトでSEO対策について勉強して、それを実際のコンテンツに反映させましょう。

SEO対策のプロ集団が100人も使っている、最強SEOツール【スキャットマンPRO 特別価格版】

上位表示するための記事の書き方

ユーザーが求める情報を知るには、実際に自分で選んだキーワードで検索してみましょう。

すると、それに関連したサイトが表示されるはずです。上位に表示されるサイトほど、そのキーワードに関連する情報を網羅した質の高いコンテンツとなっています。

そういったサイトが、実際にどのような目次や見出しで記事を作成しているのか、また、どんなタイトルをつけているのか調べてみてください。

上位のサイトの傾向を調べたら、今度は実際にタイトルやコンテンツの内容を考えます。

この際、いきなり記事を書き始めるのではなく、先に全体の構成を考えると書きやすいです。
また、書き上がった記事には、冒頭にディスクリプションを記載します。ユーザーが見た時に、何について書かれている記事なのかすぐに理解できるためのものです。

コピペにならないよう気をつける

なお、自分が選んだキーワードで上位に表示されたサイトを参考にするのは構いませんが、それらのサイトの内容をまるまるコピーしてはいけません。

記事のコピーは厳しいペナルティが科される最大の要因です。検索順位が下がるだけでなく、最悪の場合にはサイト削除しなければならなくなることもあります。

他サイトのコピーにならないように十分気をつけてください。自分の経験や考え、意見を盛り込み、オリジナルの言い回しを用いるなど表現方法を工夫することが大切です。

具体的に書きますと

  1. 冒頭分
    その記事全体の要約を簡潔に書く。これによって、この記事が何について書かれているかを、読者が理解する手がかりとなります。
  2. 目次
    冒頭分の直後に目次を配置することによって、読者が見たい内容が記事にあるかどうかが分かる。また時間がない時など、目次から直接その段落に飛ぶことができる。
  3. 見出し+本文
    この組み合わせを、最低でも2段落以上書いた記事にしましょう。
  4. まとめ
    最後に全体のまとめと、要点ポイントを書いてあげることによって、読者の頭の中も整理されます。

記事タイトルと冒頭の書き方に気をつける

また、記事の内容だけでなく、どういうタイトルをつけるかも非常に大切です。

ユーザーがあるワードで検索して、表示されたサイトの中からどれをクリックするかは、記事のタイトルとその直下のテキストの内容によって判断します。

そこに求める情報がないと判断されると、クリックされません。その結果、いくら中身が質の高い記事でもアクセスは増えないことになってしまいます。

上位に表示されるサイトがどのようなタイトルを付け、記事の上部はどのような記述をしているのか参考にしてみてください。

そうやって、いくつものサイトを見ているうちにSEO効果のありそうな書き方が掴めてくるものです。