債務整理は司法書士と弁護士のどちらに依頼する方が費用は安いのか

インターネットやテレビCMを見ていると、司法書士と弁護士のどちらも借金問題の相談を受け付けているように見えます。
借金を抱えている場合、どのような基準で相談先を決めることができるのでしょうか?

司法書士に借金問題について依頼する方が、費用を抑えられるのでしょうか?

弁護士よりも司法書士の方が費用を節約できると思っている方も多いようなので、実際の数字を見てみましょう。

借金が少額なら認定司法書士に依頼ができる

まず大前提として借金の相談を司法書士に行うことは、法律上問題はないのでしょうか?

結論から先に言うと、司法書士に借金の相談をしても問題ありません。
しかし3つの条件を考慮しなければなりません。

  • 認定司法書士であること
  • 借金の金額が1社あたり140万円以下であること
  • 裁判でこじれる可能性が低い案件(簡易裁判所で解決できるか)

この条件に適っているなら、司法書士に借金問題について依頼や相談をすることもできます。

認定司法書士であることが重要

借金についての問題は基本的に弁護士が行うものであり、司法書士の仕事はもともと不動産登記などの業務です。

しかし過払い金の問題が非常に大きな社会現象となった2003年に法律が改正され、それまで借金問題を扱えなかった司法書士が業務として行えるようになりました。

ただし、全ての司法書士が任意整理を行えるわけではなく、法務大臣によって認定された認定司法書士のみが債務整理の処理を担当できます。

借金や過払い金請求額が1社あたり140万円以下

認定司法書士であっても、1社からの借金が140万円以上、また過払い金請求額が140万円を超えた場合は法律相談や賃金業者と交渉ができなくなります。

140万円以下という数字は法律で定められているものなので、注意しましょう。

法律で定められているのは、1社あたり140万円なので、3社に130万ずつ合計390万円という事であれば司法書士にも扱える金額となります。

簡易裁判所で決着する

仮に裁判になった場合、簡易裁判所で行われる裁判であれば、認定司法書士が代理人として法廷に立つことができます。
しかし簡易裁判所で問題がまとまらない場合、債務の問題は地方裁判所へ移ることになります。

認定司法書士であっても、簡易裁判所以外の裁判所で代理人として法廷に立つことはできません。
地方裁判所から、改めて新しい弁護士に依頼しなければならなりません。

これでは費用的にも時間的にも大きなマイナスです。

債務整理を司法書士に依頼した時の費用

自分の借金の状態が、認定司法書士に依頼できる範囲であれば、法的に司法書士を選ぶのも良い選択です。

しかし実際に司法書士に債務整理を依頼すると、費用はどうなるのでしょうか?

費用の内訳

  1. 相談料:1時間あたり0円から2万円
  2. 着手金:1度0円から20万円
  3. 成果報酬:借金減額分の10%もしくは過払い金返還額から20%
  4. 実費:都度

一般的に、司法書士に債務整理を依頼すると上記のような費用がかかってきます。
これはあくまで一般的な費用であり、実際の費用とは異なることがあるので、費用は契約前に全て確認しておきましょう。

ではこれから、過払い金請求の依頼と任意整理を依頼した時の料金を詳細に確認します。

過払い金請求の費用

多くの司法書士事務所は、過払い金返還請求の時、以下のような費用としています。

  1. 相談料:1時間あたり0円
  2. 着手金:1度0円
  3. 成果報酬:過払い金返還額から20%

過払い金の返還請求を行う場合、基本的には返還されたお金の20%が司法書士の取り分となります。

よって過払い金請求のために、お金を準備する必要はありません。
その分、20%という高額な報酬手数料となっています。

任意整理の費用

任意整理を司法書士に依頼した場合、以下のような費用がかかります。

  1. 着手金:1件4万円
  2. 成果報酬:1件2万円
  3. 減額報酬:減額の10%分

あくまで1件ごとの費用であるため、多重債務という状態になっている方は、さらに費用が高くなっていきます。

司法書士と弁護士ではどちらの料金が安いのか?

弁護士の資格は、司法書士を含むほとんどの士業を行えるものです。
そのため弁護士費用の方が、司法書士の費用よりも高く感じられる方が多いようです。

では実際はどうなのでしょうか?

過払い金請求の費用はほとんど変わらない

報酬金額を、過払い金返還額の20%にしている司法書士事務所が多いようです。

実は弁護士事務所の中には、過払い金返還請求額の20%くらいを成功報酬として設定しているところも多く見られます。
つまり過払い金請求の料金について司法書士と弁護士にはそれほど差はなく、個別の事務所ごとの設定を確認する必要があります。

これは任意整理についても同じです。

よって事務所ごとに料金設定がかなり異なっているので、司法書士と弁護士事務所どちらであっても契約時に報酬額を確認しておきましょう。

弁護士と認定司法書士による債務整理の料金まとめ

認定司法書士なら、1件140万円以下の債務もしくは過払い金返還請求を扱うことができます。
しかし司法書士事務所の任意整理に関する費用と弁護士事務所の費用には、それほど大きな差がありません。

弁護士事務所と司法書士事務所との価格差を考えるよりも、個々の事務所の債務整理費用の差を見極める方が賢明です。

少しでも安いところを見つけるために、複数の事務所の無料相談を利用して見積もりを出してもらうことも良い方法です。

全国1000事務所のネットワークから、ベストな法律専門家を無料で紹介

  • 完全無料で法律専門家を紹介
  • 24時間365日相談可能
  • お客様満足度93%以上

■債務整理相談サポート(N)


■借金問題、解決実例2万件以上!債務整理・自己破産なら東京ロータス法律事務所へ!